共創マーケティング

価値提供から価値創造へ


期待を超えた新しい価値を生む

共創マーケティング


生活者・消費者・顧客と一緒になって商品企画を含め企業のマーケティング活動を一緒に行う共創マーケティング。

 

モノが溢れ成熟した市場においては、新しい商品やサービスが生まれにくくなってきています。共創マーケティングは企業が消費者に価値を一方的に提供するのではなく、生活者・消費者・顧客と直接交流しながら一緒に創り上げることにより、感動と共感を伴った新しい価値を生み出す事を目的とし、時には他企業とも共に商品やサービスを創り上げていく取組です。

 

自社の課題についてよく理解しいる生活者・消費者・顧客とより建設的に一緒に創り上げていくことで期待を超えた新しい価値を生み出すことができます。

 

共創シーン
共創シーン 継続的な企業との対話


従来型マーケティングの限界

消費者調査ではわからない


モノやサービスの開発は探索の世界と言われています。こういうモノやサービスがあれば、生活者・消費者・顧客の不安を取り除くことができるのではないか、こういうモノやサービスがあれば生活者・消費者・顧客の期待を上回り、驚きと感動を与えることができるのではないか、あらゆる企業が日々この探索の世界で格闘しています。

顧客ニーズを把握して、新商品企画・開発や新サービスの成功の確度を高めたいという発想は企業として当然です。このため多くのコストやエネルギー、時間を投入して様々なマーケティング・リサーチが日常的に行われています。

 

しかし、実際には最初の定性的調査の段階で企業側のなぜ?の問いかけに対し曖昧な答えしか返ってこないケースが非常に多いのが実情で、それが調査を非常に困難なものにしています。 

 

実際にヒットした商品やサービスについても、成功した後になってその成功の法則がさも仰々しくかつ合理的であったかのようにマスコミを賑わしていますが実のところは偶然に負うところが多かったのも事実です。

 

そもそもモノやサービスを買う人々を消費者ととらえて消費者行動を予測しコントロールできるものと考える、従来型マーケティングは通用なくなってきています。

 

企業担当者と共創
共有された時間と空間と目的の中で


共創マーケティング実践

デザイン・シンキング


私どもは、リアルなスペースでの相互の対話のやりとり、すなわちInteractionに重点を置いています。なぜなら、人間は対話を通じて、自己の内面にあるうまく表現できない暗黙知を整理し他の人と共感して、その中で言葉に表現していく(表出化)からです。

 

その過程でアイディアはドンドン進化していきます。

 

共有された時間と空間と目的(ミクロ・コミュニティー)の中でフェイス・トゥー・フェイスの直接的な交流があれば、お互いについてよく知るようになっていく。

 

このような経験の中で企業も生活者・消費者・顧客も含めた人々が獲得する幅広いアイデアのヒントこをがさらに内容の深いアイデアを創造しInnovationを生み出すのです。


企業と対話
ざっくばらんな雰囲気で企業と対話

生活者・消費者・顧客といかに共感できる環境に自己を置き、心の深くまで洞察し生活者・消費・顧客のヒューリスティックスの構造を理解するだけでなく生活局面から消費の意味を理解する力が企業の競争力として重要になってきているのです。

 

企業のマーケティング活動には、大きく分けて仮説発見型と仮説検証型の2パターンがあります。

 

今後は生活者・消費者・顧客の理解に基ずく斬新な仮説をドンドン発見していく、仮説発見型マーケティングがますます重要になってます。その仮説発見を、生活者・消費者・顧客との協働・コラボレーションを行うのが「こらぼたうん」での共創マーケティングなのです。

 

これまでの消費者調査の主流は「消費者」の「購買行動」や「製品選択の意思決定」に関する調査でありましたが、共創マーケティングでは生活者の生活局面における消費行為そのものに注目することでその意味を解釈学的循環で解き明かそうとするアプローチなのです。

 

そのために、従来の「消費者」に対するアンケート調査やグループインタビューといった消費現場を離れた「抽象化された状況」における調査方法よりむしろ時間と空間と目的を共有して、生活局面というコンテクストの中での生活者・消費者・顧客との対話と共感という共創型アプローチに重点を置いているのです。



共創の効果

商品改革と組織改革



生活者・消費者はもちろん他企業とも共に行う共創マーケティング。共創マーケティングは生活者自身も気付いていない潜在ニーズを掘り出すことだけでなく、他企業も一緒になって新たな価値を創造していく取組です。

 

モノが溢れ成熟した市場においては、新しい商品やサービスが生まれにくくなってきています。企業が消費者に価値を一方的に提供するのではなく、企業と消費者双方の交流を通した中で新たな商品・サービスを創造するだけでなく、取組企業の組織全体と全社員の変革と成長に寄与すること。これが共創マーケティングの効果です。