ビジョン

株式会社こらぼたうん 代表取締役 中間祥二

<共創により期待を越える新しい価値を生み出す>

 

モノが溢れ成熟した市場においては、新しい商品やサービスが生まれにくくなってきています。既に大量生産・大量消費を前提とした「作れば売れる時代」は終わりました。

 

企業が消費者に価値を一方的に提供するのではなく、デザイン思考の発想で企業と消費者双方の交流を通した中で新たな商品・サービスを創造する。また、取組先企業の組織全体と全社員の変革と成長に寄与することを目的にこらぼたうんは、2001年の設立以来【企業】と【生活者】との価値共創をテーマに活動しております。

 

今も昔もモノやサービスの開発には消費者ニーズの把握が大切なのは言うまでもありません。ITの発達によりインターネットを活用した情報の収集も容易になりました。しかし【情報】を【知識】に、知識を【知恵】へと変換できなければ、そこに価値を創造することはできません。単に調査や探索による情報収集という方法ではなく生活者・消費者と企業の担当者とのFace To Face での真の対話を実践することで感動・共感による共創価値を創造することができます。

 

生活者(消費者)も積極的に企業のマーケティング活動に参加・協力し、双方が時間・空間・目的を共有した中で、集合知を活用し「わいわいがやがや」対等な関係でのコミュニケーションを継続していくうちに、個々人で曖昧に考えていた命題が他人との対話や議論を通して明確化して当初誰も想像すらしなかったモノ・コトの発見そして創造があります。

 

生活者・消費者はもちろん他企業とも共に行う共創マーケティング。共創マーケティングは生活者自身も気付いていない潜在ニーズを掘り出すことだけでなく、他企業も一緒になって新たな価値を創造していく取組です。

 

企業が消費者に価値を一方的に提供するのではなく、企業と消費者・生活者双方の交流の中から新たな商品・サービスを創造していきませんか?共創の効果は消費者・生活者・顧客から共感される商品・サービスを創造するだけでなく、共創の過程で共感される組織へと変わっていきます。

 

私は、共創を通して取組先企業様が抱える課題を解決し提供する商品・サービスがより一層に消費者・生活者・顧客に共感される為のお手伝いをしたいと活動しております。

 

消費者・生活者にとってこれまで以上に価値の有るものを創造したい。喜んで自社の商品やサービスを使用してほしい。そんな想いを掲げる取組先の企業のご担当者が共創マーケティングによりデザイン思考へと変革しております。

 

ぜひ一緒に共創でデザイン思考へ変えていきましょう。

ご興味がございましたらお気軽にご相談・お問合せいただけましたら嬉しく思います。

 



株式会社こらぼたうん

代表取締役  コンサルタント

中間 祥二

 

8年間金融機関において主に融資業務に従事し中堅・中小企業を支援。その後消費財メーカーのマーケティング担当取締役に就任し1年間で売上3倍へ。金融業・製造業を経験し生活者視点・消費者視点・特に女性視点でのマーケティング活動の重要性を痛感。デジタル偏重の時代だからこそ逆に、もっとリアルでありアナログ的な対話の中で感性から創造される共創価値をテーマに企業のマーケティング活動支援を目的として株式会社こらぼたうんを設立。

 

19993()タナベ経営「経営コンサルタントスクール」第3

(19984月~19993月)全課程履修完了

 

20016月 企業と生活者との共創価値の創造による企業支援を目的とし

株式会社 こらぼたうん 設立 代表取締役に就任

 



公的支援機関 委嘱契約

 経済産業省/中小企業庁

対応地域:全国

・経営計画支援専門家派遣事業に係る派遣専門家

・伴走型小規模事業者支援推進事業に係る派遣専門家

・中小企業・小規模事業者支援事業に係る派遣専門家

・地域力活用市場獲得等支援事業に係る派遣専門家

・中小企業支援ネットワーク強化事業に係る対応相談員・専門家

・日本の未来応援会議 未来会議サポーター

・中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業に係る対応相談員

・中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家

・中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業に係る派遣専門家

・消費税転嫁対策相談事業係る派遣専門家

島根県

・経営力強化アドバイザー

・販路開拓支援事業に関する派遣専門家

福島県

・専門家活用経営支援事業に係る講師

・地域産業6次化イノベーター

・伴走型支援推進事業に関する派遣専門家

山梨県

・山梨県商工会連合会におけるエキスパート

  その他

 



1964年生まれ 東京都出身 血液型: O型

一男一女の4人家族 

 

趣 味 

◆山登り 富士山登山は年1回子供とのライフワークとしています。

 

◆スキー(SAJ 1級)


インスタグラム

出張の合間に立ち寄った温泉・山・スキーなどをアップしています。